痒みの原因ってなんだろう??

犬や猫は様々なものが原因で痒みを起こします。

その原因には・・・
「ノミに刺される」
「細菌などに感染している」
「アレルギーになっている」
など、様々です。
イラスト

このうちの「アレルギー」の原因は血液検査で簡単に知ることが出来ます!

アレルギーはどうして起こるのでしょうか?

アレルギーの検査をすると、その原因が分かります。

その原因には・・・
「草木の花粉」
「家の中のダニの糞や死骸」
「カビの胞子」
「食べ物」
などがあります。
イラスト      イラスト
イラスト             イラスト

アレルギーの原因が分かると対策が分かります!

痒みの原因が何なのか特定できると、これからどうすれば良いかが分かります。
原因を避けたり、痒みを薬で抑えたり、皮膚の免疫をサプリメントなどで高めたりして、アレルギーを緩和、または起こさないようにします。

アレルギー検査

・アレルゲン特異的IgE検査
➔アレルゲン特異的IgE抗体の血中濃度を定量的に測定するものです。採血をし、血清中のIgE濃度が最も高いアレルゲンを判定することが出来ます。

特異的IgE抗体検査(40項目)※犬のみ

特異的IgE抗体検査(92項目)※犬・猫

・リンパ球反応検査(犬のみ)
➔食物タンパク質に対するリンパ球の反応を検出するもので、リンパ球を介した食物アレルギー反応を捉えます。IgE検査で陰性の場合でもアレルギー反応を検出することが出来ます。

※食物アレルゲンの原因を検出したい場合は、まず、主要食物アレルゲンパネルをお勧めします。
除去食の食物を選択する場合は、除去食アレルゲンパネルをお勧めします。

リンパ球反応検査項目はこちら!