飼い主のいない猫の不妊・去勢手術の補助金申請について

平成29年度から補助対象が大きく変わりますので、お間違えのないよう、ご確認ください。

平成29年4月1日(土)以降に約5,700頭を対象とした助成金補助の出る不妊去勢手術が始まります。
ただし、予算が無くなり次第、申請期間内であっても終了しますのでご注意ください。

これ以上、野良ネコを増やさないためにも、不妊・去勢手術は必要かと思われます。

今年も、横浜市の助成金制度が始まりました。
今年度は4月1日以降に不妊去勢手術を行ったもので、約5,700頭程度のネコちゃんを対象に、1頭につき、5000円が助成されます。
※助成金は窓口で申請後、約3~4ヶ月後に口座振込されます。

申請について

●対象者:横浜市民および、市内の自治会・町内会
●対象動物:対象手術期間内に登録動物病院で不妊去勢手術をした、横浜市内に生息する飼い主のいない猫
※手術後の耳カットが必須条件となります。
●対象手術期間:平成29年4月1日(土)~平成30年3月5日(月)まで
●申請受付期間:平成29年5月8日(月)~平成30年3月5日(月)まで
※手術月ごとに締め切りがあるため、実施後はなるべく早く申請を行ってください。(翌月の10日まで)

補助金額を申請する皆様に行ってもらうこと

※手術予約は当院に直接行い、手術を行います。
その後、お住いの区の区役所の福祉保健センター生活衛生課(月曜日~金曜日)、または横浜市動物愛護センター(月曜日~土曜日)の窓口へ申請してください。いずれも、申請可能時間は8:45~17:00まで(祝日と年末年始を除く。)になります。

 
※郵送、FAX、電子メールでの申請はできませんのでご注意ください。

★持ち物
□申請書(正本1通、コピー2通):3通すべてに朱肉印が必要です。
□申請金額内訳書(1通):2頭以上の申請の場合に必要
□当院が発行した手術の領収書(原本とコピー1通):宛て名が申請者のフルネームに誤りがないことを確認する。
□登録動物病院発行の手術実施証明書(原本):申請者の住所、氏名、電話番号、対象猫の毛色・柄と捕獲場所を記入する。
□対象猫のカラー写真(L版以上の大きさのもの):手術後の耳カットと個体全体の特徴がわかる写真
□申請者様の本人が確認できる書類(原本)
□朱肉印:書類訂正時に使用。(シャチハタ等の浸透印、ゴム印は不可)

以上をお持ちになって、窓口へお願いいたします。
⇩申請から2~3か月後
申請された方あてに「補助金交付決定通知書」(または「補助金不交付決定通知書」)が郵送されてきます。
⇩補助金交付決定通知書が届いてから約1か月後
申請された飼い主の方の口座に補助金が振り込まれます。
(※補助金が振り込まれるまでは、申請書の控えは大切に保管するようにしてください。)