健康診断について

あなたの大切な家族のため、長い間、元気に健康で過ごすためにも、定期的に健康診断を受けましょう★

「老齢管理は0歳から」
ペットと人間はそもそもライフサイクルが同じではありません。
ワンちゃんは約7倍のスピードで年を重ねて行き、高齢になれば人間同様に老化現象も起こります。
さらに、生活習慣病によって健康を損なわれる子も多く、例えば角の肥満や歯周病は内臓疾患や腰痛の原因となります。

「自力で食べて、歩き、排せつをして、楽しく遊ぶことが1日でも長くできるように・・・」
まずは、あなたのペットの正常値を知っておきましょう。
病気になってしまった場合や、年をとった時に正常値を知っておけば目安になります。
そして病気の早期発見こそ、当院が毎年お知らせしている定期健康診断の目指すところです。
併せて、健康のための生活指導も行なっていますので、気になる点は受診の際、ご相談ください。
イラスト

健康診断っていつ受ければいいの?

1歳を過ぎたら毎年1回受けることをオススメしています。
一般的にワンちゃんですと犬の1年は人間の4~5年に相当し、それだけ成長や老化のスピードが速いと言われています。進行の速い病気もあるので、年1回の健康診断をおすすめしています。

定期健康診断を受ける時のお願い

・外部の検査機関に検体を提出するため、できましたら午前中に来院してください。
・検査当日の朝食は与えないでください。お水は少量でしたら構いません。

もっと分かりやすく、コトブキ通信vol7に載っています!
Vol.17  「健康診断はとても大切です」

各種、健康診断のメニューはこちらから

ワンちゃん定期健康診断メニュー

 

ネコちゃん定期健康診断メニュー

 

うさぎ・モルモット定期健康診断メニュー